FC2ブログ

風しん抗体検査・予防接種クーポンについて

昨年大都市圏を中心とした風しんの流行を踏まえて、2022年3月31日までの間に限り、風しんの公的予防接種を受ける機会がなかった年代の成人男性の風しん抗体検査と風しんワクチンの接種が公費で行われることになりました。

【対象者】
1962年 (昭和37年) 4月2日~1979年 (昭和54年) 4月1日生まれの成人男性

【抗体検査・予防接種までの流れ】
住民票のある自治体よりクーポン券が自宅に送付されます。
2019年度は昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性に送付されます。
それ以外の対象者は2020年度以降にクーポン券が順次発送される予定ですが、早めに抗体検査やワクチンを接種したい方は、お住まいの自治体に申請をすれば、今年度中にクーポンを発行することも可能です。

antigen.jpg

抗体検査の結果、風しんの抗体価が低く、風しんへの抵抗力が低いと判断された場合は、風しんワクチンを接種します。
なお今回対象となる男性については、80%の方が既に風しんに対する抗体を保有するとされていますので、十分な抗体価を認めた場合は、公費でワクチン接種を行うことはできませんので、ご了承下さい。

① 当院で抗体検査・ワクチン接種を受けていただける方は、当院の診察券をお持ちのお子様のお父様のみとさせていただきます。

② 受診の際にはクーポン券と住所の記載された身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード)をお持ちいただく必要があります。対象の年齢であってもクーポン券がない場合は、検査や接種を受けることができませんので、ご注意下さい。

③ 今回接種するワクチンは風しん単独ワクチンではなく、麻しん・風しん混合ワクチンとなります。風しん単独のワクチンは現在市場に流通しておりません。既に麻しんの抗体がある方に混合ワクチンを接種した場合も、特に問題となる副反応はありません。
スポンサーサイト



夜尿症(おねしょ)の治療について

saru.jpg おねしょと夜尿症(やにょうしょう)の違いとは?

 5歳未満の子どもでは、おねしょがあっても必ずしも病気とはいえませんが、5歳以降で、1ヶ月に1回以上の夜尿が3ヶ月以上続く場合は、「夜尿症」という病気として扱われます。夜尿症は5歳で5人に1人(20%)、小学校高学年で20人に1人(5%)にみられます。
 日本では夜尿症の子どもが約70万人いると推計されていますが、そのうち医療機関を受診している子どもは約16万人で、実際に治療を受けているのは約5万人とされており、治療率は低いと報告されています。

saru.jpg 夜尿症の原因とは?

 簡単に説明すると、夜寝ている時につくられる尿の量が多い、かつ夜間膀胱に貯めることができる尿の量が少ない(膀胱が小さい)と、寝ている間に膀胱が満タンになり、尿意を感じる子どもはトイレで排尿しますが、尿意を感じることができない子どもはおねしょになります。

saru.jpg どういう場合に病院を受診すればよいの?

 夜尿が週に3回未満であれば、10歳前後で自然に治る確率が高くなりますが、週に3回以上の場合は、9歳あたりから治りにくくなることがわかっています。つまり夜尿の回数が多い子どもほど、夜尿症がなかなか治らず、長引くことが予想されます。
15歳以上になっても、約200人に1人は夜尿症が治らず悩んでいます。

 具体的には年長児(5~6歳)の時点でほぼ毎晩おねしょがみられる場合は、一度病院を受診してもらって簡単な尿検査などを行った上で生活の指導を行い、小学校に入学する前後から治療を開始するかどうか相談していくスケジュールがおすすめです。

 9~10歳の時点でほぼ毎晩夜尿を認める場合は、その後自然に良くなる確率は低くなりますので、早めに病院を受診して、治療を開始することが重要です。少なくとも8歳前後から治療を開始することにより、自然学校や修学旅行など宿泊を伴う行事にも安心して参加できる可能性が高くなります。

saru.jpg 夜尿症の治療について?

 以前は膀胱の収縮を抑えて尿を貯めやすくする抗コリン薬の内服が行われていましたが、あまり効果がないことがわかっています。最近では①体内で尿の量や水分を調節している抗利尿ホルモンと同じ作用のあるミニリンメルト®を内服する薬物療法と、②寝る前にパンツに小さなセンサーをつけることで、尿でパンツが濡れるとアラームが鳴ることにより、睡眠中の膀胱容量が増え、より多くの尿を貯められるようになるアラーム療法の2つが有効であるとされています。
いずれも夜尿症の治療として効果のあることはわかっていますが、アラーム療法はアラームの費用がかかる(3ヶ月で約12,000円)ため、当院ではまずは薬物治療を行い、あまり改善を認めない場合には、アラーム療法の併用をおすすめしています。

saru.jpg 夜尿症治療のゴールについて

 夜尿症治療のゴールは、おねしょの卒業です。夜尿症の子どもは、自尊心が低い、劣等感を抱く、宿泊行事が憂うつになることが知られています。夜尿症は子どもだけ、保護者だけではなく、子どもと保護者がモチベーションを高めて、一緒にゴールを目指すことが重要です。まずは難しく考えずに、一度外来に相談に来てみて下さい。

参考文献
スマイル!こども日誌(フェリング・ファーマ/協和発酵キリン株式会社)
最新の夜尿症治療戦略を考える(フェリング・ファーマ/協和発酵キリン株式会社)

ご家族の診療について

当院では受診されたお子様だけではなく、ご家族の診療も一緒に行わせていただいております。
(高血圧などの成人に特有の慢性疾患は除きます。)

病気でぐったりとしたお子様を連れて、他の病院で長時間お待ちいただくことなく、お子様と一緒に診察させていただきます。

妊娠中や授乳中のママには、胎児や乳児への安全性が高い薬を処方するように心がけております。

また風疹ワクチンなど成人への予防接種や、抗体価の検査なども行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

なお受診をご希望の際は、院長もしくは受付スタッフまでその旨お伝えいただけますようお願いいたします。

ふじたこどもクリニック
院長 藤田 晃生

予防接種のご予約について

予防接種は月曜日•火曜日•水曜日•金曜日の15:00〜16:00に予約制でおこなっております。

予防接種の予約は、接種もれや接種の間違いを防ぐために、すべて電話での対応となります。

学校の行事やお仕事の都合などで、予防接種の時間帯の来院が難しい場合は、平日の午前・午後や、土曜日など、通常の診療時間内にも接種を行っております。

原則として、隔離診察室で、一般の診察患者との接触がないように配慮を心がけております。

また予約枠に余裕のある場合は、当日の接種予約も可能となっておりますので、お気軽にご相談下さい。

なお接種の際は、母子手帳と予診票・接種券を忘れずにお持ち下さい。

ふじたこどもクリニック
院長 藤田 晃生

開院5周年の御礼

筆無精なもので、院長ブログの更新が1年ぶりとなってしまいましたが・・・

本日で開院より無事に5周年を迎えることができました。

古いカルテを見返してみると、開院当初に1度きりの受診の方もたくさんおられますが、最近数年ぶりに2回目、3回目の受診をして下さる患者様が多くなってきた印象があります。大きなお子さまになると日本脳炎2期、二種混合ワクチンなどで受診していただいております。本当にありがとうございます。

全く予想していなかったのですが、本日の診察終了後にスタッフの皆様より5周年記念のお祝いをいただきました。

IMG_3873.jpg

私の大好物でございます。予想していなかっただけに、うれしさ倍増、ありが玉置浩二でございます。

話変わって、クリニックのスイスアルプスのジオラマでは、先日より何故かトーマス号を運行しております。

モーターに負荷がかかるので、30分おきの運行ではございますが、特に小さなお子様には大変喜んでいただいております。

IMG_3830.jpg

10月からは6年目に突入いたしますが、今後ともふじたこどもクリニックをよろしくお願いいたします。

ふじたこどもクリニック
院長 藤田 晃生
プロフィール

ふじたこどもクリニック

Author:ふじたこどもクリニック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR